後援会から/後援会長のメッセージ « 独立行政法人国立高等専門学校機構 小山工業高等専門学校後援会

後援会から/後援会長のメッセージ « 独立行政法人国立高等専門学校機構 小山工業高等専門学校後援会

ご挨拶 2020年度後援会会長  野中 昌志

小山高専後援会の皆さんこんにちは。

2020年度後援会会長を務めます野中と申します。若輩者のため、皆様のご支援ご協力をいただきながら後援会活動を進めていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

 後援会には「本部」と「7つの支部」があります。会員の皆さんは住まいの地域によって、いずれかの支部に属しています

本部としては活動計画作成実行、予算作成執行および7つの各支部で行われる行事の活動支援、学校内の図書の購入費、部活やコンテスト等での全国大会参加に伴う遠征費、海外研修に行くための活動支援、学生表彰等の助成をしております。

 7つの支部では、それぞれに特色ある行事を開催していくことで、「小山高専のPR」と「学生ならびに保護者の皆様を全力でサポートしていく活動」を行っています。(詳細は会報誌をご覧ください。)

 4月現在で全世界に流行しているコロナウィルスが、まだまだ終息の目処がたっておりません。政府より「緊急事態宣言」によって感染予防対策がとられているなか、当後援会も学校と連携した対応をしています。

 春以降予定していた後援会本部総会や7つの支部総会は、集会形式を中止し「特例」として、本部は後援会長、支部は支部長の一任とした総会承認とし、また本部理事会や各支部の行事をしばらく中止とする決定をさせていただきました。会員の皆様に後援会活動の自粛によって不自由な思いをさせていると思いますが、皆様の命を守ることを最優先と考えています。ご理解ご協力お願いします。

このコロナウィルスが終息し、後援会活動が再開できたときは、私はもとより、本部役員一同は、理事会や各支部事業を熱い気持ちで盛り上げて、さらに会員の皆様とともに楽しく後援会活動を行う事が大切な事と考えています。

 学校が再開されても先生や生徒、特に新入生は、シラバス(授業等プログラム)に大きく変化があると思われます。後援会としても必要なことがあるときは、柔軟な活動支援を行いたいと考えております。会員の皆さんのご理解よろしくお願いします。

 最後に、会員の皆さんはもちろんのこと、校長先生をはじめ関係される先生方、本校関係者の皆さんの協力がないと後援会は成り立ちません。この場をお借りいたしまして皆様のご理解とご協力に心より感謝申しあげ、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。

 

2020年4月

 

小山工業高等専門学校後援会

会 長  野 中 昌 志

印刷 印刷