後援会から/後援会長のメッセージ « 独立行政法人国立高等専門学校機構 小山工業高等専門学校後援会

後援会から/後援会長のメッセージ « 独立行政法人国立高等専門学校機構 小山工業高等専門学校後援会

ご挨拶 2021年度後援会会長  山口 典孝

会員の皆様には日頃より後援会活動にご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございます。
また、新たに入学された新入生並びに保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

例年、入学式後に開催していました後援会総会につきましても新型コロナウイルス感染拡大防止の為、集会形式の総会を中止させていただきました。昨年と同様に書面にての承認をいただいた事で2021年度の後援会会長に就かせていただくことになりました山口典孝です。さまざまな活動を通して後援会の目的を達成するため、懸命に務めさせていただきます。

本後援会の活動は学校の使命達成に必要な協力をすることを目的としています。具体的には学生が必要とされる図書の購入、部活やコンテスト等で大会に参加する遠征費、海外研修の活動支援、TOEIC受験料の補助、福利厚生に関する支援、各支部への活動支援などです。これらの活動には子供たちが充実した学生生活を送るために会員の皆様からお預かりしました会費を有効に使わせていただいております。また、本後援会には7つの支部があり、会員の皆様はいずれかの支部員となられております。各支部の活動も活発に行われており、どの事業も学校や学生のためになる素晴らしい事業になっております。残念ながら昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴いほとんどの事業が中止になってしまいました。しかしこのような状況の中でもリモートを活用してオンライン講演会(卒業を迎える学生たちの進学や就職についての体験談)を開催するなど新たな手法で事業を実施することができました。今年度新しく後援会会員になられた保護者の方には支部活動に積極的な参加をお願いしたいと思います。支部での交流を深め会員から様々な情報を得ることでお子様が充実した学生生活を送るためのヒントが見つかるはずです。

最後になりますが今年も新型コロナウイルス感染防止のため様々な事業が中止や縮小されると予測されます。コロナ禍の今だからこそ出来ること、やらなければならないことは何かを会員の皆様や学校関係者の方々と一緒に考え、学生に寄り添った事業を実行してまいりたいと考えておりますのでご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

2021年6月
小山工業高等専門学校後援会
会長 山口典孝

 

 

印刷 印刷